k5a-1

 後段作戦最初のE5も乙で。報酬差がそこまでではない上に、掘りが2隻ですからねぇ……。まぁ、次でも出るのもいますんで、そこまで慌てるような時間じゃないという話もありますけどね。何より、出ない時は出ないからね! そんなことは分かってるはずなんだ!

 ということでのお相手は、

k5a-2

 ライダー……じゃなくて、マークⅡに進化した深海神通教官。例に漏れず、先制雷撃までかまして来ますからねぇ……。いい加減、水上艦の先制雷撃処理する手段ないとキツいぞ……。もう、全部が全部バンバン撃って来ますですやんか?

 とりあえず、まずはギミック解除ということで、合計で

k5a-3

k5a-4

 これだけの艦を投入して、

k5a-5

 ボスマスへ到達可能に。ボスマスの面子自体はそこまで強くはないので、

k5a-6

 こんな感じの編成でバンバン削って行った後、

k5a-7

 ここまで温存して来た決戦支援も念のために投入して、

k5a-8

k5a-9

 撃破完了して、ゲージ出現。結論から言えば、決戦支援の処女膜破る必要はなかったな……。まぁ、どうせその内使うんだから、それが今になったってだけの話ですけども。なお、

k5a-10

来やしたぜ!!!

 米国艦が削りでスッと出たということは、きっとベイぐるみへの願掛けが効いたのであろう……。ウィキで、パワー全振りのゴリラ軽巡なんて聞いた時は、何それ欲しい!と思ってしまったので、センサー的にかなり危ないと思っていましたけどね……。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村