k4c-1

 いよいよの本番は、松型モチーフのボスですね……。まぁ、今さら駆逐艦のクセに堅いの何だの言うのは野暮なんでしょうね……。零時迷子の時代からの話ですからね……。しかし、振り返ってみると、あらためてどうしようもないクソ仕様だったな!?

 編成の方は、

k4c-2

k4c-3

 こんな感じで。ずほ大鳳ももう一枚あるので、大事故にはなるまいという思い込みだったワケですが、これがどんな結果を呼ぶかは、未来の自分だけが知っているというお話。地味に、天城を普通に戦力として数えて投入するのは初めてかもしらんね。普段、3ヶ月に一度の3-4ぐるぐるにしか出撃してないからね……。

 で、結果としてはなので、ボス前マスでもさほど苦戦することはなく、

k4c-4

 最終形態に突入して、

k4c-5

k4c-6

k4c-7

k4c-8

k4c-9

 撃破完了! あまりにも爆砕!するもんだから、甲でも楽勝じゃね!?と思ったけど、そうしたら掘りが辛いに決まっているので、今楽であることにどうこう思う必要はない。ちなみに、そのドロップですが、

k4c-10

k4c-11

k4c-12

 ストレートクリアなのに、こんなに出てるんですけど……。秋月型については、意識して掘ったこともないのに、全部サブ艦が揃っちゃいましたよ……。今や、秋月型は先の時代の敗北者じゃけェ!ですが、今後逆転の目はあるのでしょうか……?

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村